読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日てきとうぐらいが丁度いい

格好つけないマンの間抜けな毎日。

猫とリンゴと〆サバと。

日記 2016/3

 

休み。
 
 
 
 
 
午前中は猫と一緒に家でゴロゴロ。
外に出ないとな〜。にゃ〜。
 
 
f:id:manuke801:20160327223850j:image
 
 
 
 
と猫を利用して少しぶりっこ。
 
 
 
 
 
 
 
f:id:manuke801:20160327223800j:image
 
 
 
 
14時頃にやっと外に出る。
明るい時間に温泉入りたくてたまゆらに行く事に。
 
 
 
メガネかけた小学生が温泉のロッカーに対し「ここでも金取んのかよっ!はー!どんだけ金取るんだよ!まじかよ!」ってぶつぶつ独り言で憤ってた。
 
少年…そのロッカーも靴のロッカーも金返ってくるで…( ´-` )
 
 
 
f:id:manuke801:20160327223831j:image
 
 
お風呂上がって帰ろうとした時、
俺の靴のロッカー光照らされてて、
なにか運命を感じた。
 
 
何に?運命でも何でもない。
 
 
 
 
 
 
 
 
f:id:manuke801:20160327223809j:image
 
 
 
お寺の張り紙。
坊主さん慣れないコンピュータで頑張って作ってんだなってヒシヒシ感じるポスターで溢れてた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
f:id:manuke801:20160327223732j:image
 
「椿サロン」
 
 
 
 
 
f:id:manuke801:20160327223714j:image
 
「ジャガイモとリンゴのケーキ」
とリンゴ繋がりで(?)秀良子さんの「リンゴに蜂蜜」
 
表題作のリンゴに蜂蜜は勿論素敵だが、
「世界の終わりのなつもよう」の話が好き過ぎる。
 
 
 
近々世界が終わるって予言をテレビで見たら、何も俺の中にはなくてからっぽで、そのカラッポの中に君がいたんだ。
 
 
 
ラストの4ページが本当にキラキラと綺麗で、
ひたすら作品の余韻に浸ってこの時代に生まれる事が出来て良かったなと、
これまで好きになった人と同じ世界にいる事が出来て出会えてよかったなと、
感じさせてくれる作品です。
 
 
この漫画大好きだけどオススメはしない。
表題作の方が初心者には少し踏み込み過ぎて厳しい気がするし。
BLに少し慣れて来た人向け。だと思う。
慣れたら、是非。
 
 
 
f:id:manuke801:20160327223655j:image
 
 
 
 
 
落ち着いてきた天気。
 
 
 
 
 
 
 

f:id:manuke801:20160327223629j:image

 
 
 
 
 
 
少し暗くなってきた空。
 
 
 
 
 


f:id:manuke801:20160327223618j:image
 
 
 
ガチで暗い外。
 
 
 
 
f:id:manuke801:20160327223613j:image
 
「円山茶寮」
 
先週、そろそろ行きたいと発言したので早速来た。
 
 
 
 
f:id:manuke801:20160327223607j:image
 
 
来たけど本命のぜんざいは今回やめといて、団子とお茶を。
 
 
 
訳はこの後寿司を食べに行くから。
 
 
 
 
 
 
家族で回転寿司。
 
 
 
 
 
f:id:manuke801:20160327223536j:image
 
 
 
 
 
寿司!!!!
 
 
 
 
 
で終わった今月最後の休み。
 
〆サバが本日個人的に1番の寿司ネタでした。
 
 
enjoy
 
 
 
 
 
 
 
リンゴに蜂蜜 (マーブルコミックス)

リンゴに蜂蜜 (マーブルコミックス)